ワキガは病気なの?


脇からツンとした強烈な臭いを放つのがワキガです。人によってはネギの臭い、酢の臭いなどと表現されます。臭いの原因は、アポクリン腺という汗腺から出る汗です。アポクリン腺は、脇や陰部、首などに分布する汗腺ですが、ここから出る汗はたんぱく質や脂質、アンモニアなどを多く含みます。それが、皮膚に常在している菌によって分解され、菌が増殖することによって強烈な臭いになります。同じく汗を出すエクリン腺は全身に分布しますが、ワキガでない人でも汗をかいたら汗臭くなったりします。それも、菌が増殖することによって汗臭い臭いになっているのです。

そんなやっかいな臭いを出すワキガですが、ワキガは病気ではありません。体臭のひとつです。海外では、この体臭が好まれる人種もありますが、日本人は体臭の少ない人種のため、この強烈な匂いが嫌われる傾向にあります。ただ病気ではないため、ワキガを放置していても体に悪影響を及ぼすことはありません。

原因が汗と菌であることから、脇汗をこまめに拭いたり、汗のついた衣類を取り換えるなどすることでも臭いを軽減することはできます。また、脂っこい食事やストレスのある生活も体臭に影響を与えるので、バランスの良い食事を摂ったり、規則正しい生活をしてストレスをなくすことも改善方法のひとつです。症状の度合いにもよりますが、汗を抑制する塗り薬、ボトックス注射、汗腺を除去する手術など、症状を改善する治療もいくつかあります。

脱毛のメカニズム

ムダ毛の処理をするときには、その仕組みを知っておくといいでしょう。最も簡単なムダ毛処理は、カミソリを使ったムダ毛シェービングです。表皮のムダ毛をカミソリでカットするだけですので、すぐにムダ毛は成長をしてしまいます。カミソリ処理ではいくら繰り返しても、エンドレスでムダ毛が生えるというお手入れにしかなりません。しかし国内にも数が増加した、エステサロンや医療クリニックでのムダ毛処理の施術であれば、カミソリ処理のようにエンドレスではなくなります。

エステやクリニックでの脱毛のメカニズムは基本的な部分は同じであり、医療機関では永久性があるというメリット付きというのが特徴です。ムダ毛への施術をするのは、基本的に体毛が元気に細胞の分裂をする時期だけです。これ以外の時期には、毛の細胞は分裂をしていないので、いくら高性能なレーザーを照射しても、エステの光照射であっても、毛には反応がありません。だから施術を施設で行うのは、ムダ毛が勢いよく成長をする時を狙う事になります。

人間の体毛はサイクルを繰り返していて、元気に成長をするのが成長期であり、このゾーンで施設での照射をします。成長期が終わると退行期に入り、やがて毛の抜け落ちて次回のスタンバイ機関となる、休止期に入ることになります。いくらお手入れをしたいといっても、その人の体毛が休止期や退行期に入っていると、ムダ毛への反応がないために、照射をしても無駄になります。だから、エステでもクリニックでも、毛のサイクルに合わせてのお手入れであり、それはおよそ3ヶ月程の周期で成長期がめぐりますので、そのパースでエステやクリックへ予約をして施術を受けます。

いずれのマシンも黒色にだけ反応をする機器であるために、ムダ毛をシェービングしてから、光やレーザー照射を行います。2週間もすればムダ毛は勝手に抜け落ちていき、3ヶ月後にはまた成長期が来て、脱毛のお手入れ時期となります。この繰り返しで、最終的にはムダ毛のないお肌となります。